太陽光発電投資をしよう|定期的に収入を得ることができる

住宅模型

投資を行う前に

住宅

大阪のように交通アクセスが整備されているだけでなく、ショッピングができる場所が充実しているところであれば、収益物件としての魅力が高くなります。まずは、周辺環境を確認しながら物件の購入を実施してください。

もっと読む

民泊のこれからの予測

スーツの男性

民泊ビジネスの広まりによって、airbnbの代行業者は今後さらに増えると予測されています。その中からどの業者を選ぶかによって、収益率の高さが変わります。人気の高いアカウントを持つ業者であれば、たとえレビューの低い物件でも収益を上げることが可能です。

もっと読む

地方の土地で太陽光発電

ソーラーパネル

地方の土地の有効活用

地方においては過疎化をしている場所が多くなっており、土地の価格が非常に割安となる傾向が出ています。地方では数百坪の土地を購入しても、手元の資金だけで買えてしまうことが少なくないです。このような地方の安い土地を手に入れることができれば、太陽光発電投資として活用できる道が広がってくることになります。近年の太陽光発電投資においては、中小規模の土地であっても可能となる状況が生まれています。狭い土地であっても太陽光パネルとモジュールを設置すれば、太陽光発電事業を行うことが可能です。太陽光発電施設を設置した後には、定期的に売電収入を得ることができるようになります。その結果、地方の土地でも利益を生み出すことが実現できます。

初期投資の回収期間

地方では農業の高齢化などがあり、耕作放棄地が増えています。そのような土地は、従来は活用方法がありませんでした。しかし、近年では耕作放棄地でも太陽光発電投資を実施することで、安定収入を得ることができるようになってきます。なお、耕作放棄地は土地代がほとんど掛からないことから、初期投資の回収期間を短くできるメリットが生まれています。太陽光発電投資は初期投資が最も費用が掛かりますが、その後はメンテンス費用しか掛からないケースが出てきます。太陽光発電投資の回収期間としては10年程度が多くなっているため、10年目以降はすべてが利益となります。そのため、太陽光発電投資は長期の投資としても、優れている面があります。太陽光発電の設備は20年程度は持つことが多いからです。

大都市圏での不動産経営

集合住宅

収益物件の運営を行う上では、テナントの突然の退去や新規テナントが見つからないといった不測の事態にどう対応するかが大きな鍵を握っています。特に大阪などの競争が激しい地域では目先の利益を多少削ってでもテナント誘致を優先するなどの工夫が必要です。

もっと読む